30代 出来てしまったシミを薄くする方法

こうやってシミを消す!【その@】

出来てしまったシミを薄くする方法はたくさんありますが、
まずは出来てしまったシミを消す方法を
考えていきたいと思います。

 

シミを消すにはシミに対して特別なことをしなければいけません。
それは身体にとって悪いことかもしれませんし、
肌に合わないことかもしれません。

 

ですがどうしてもシミを消したいというのなら、
肌になるべく安全な方法で効果的に消していきたいですね。

 

 

○シミを消すならハイドロキノン○

 

肌の漂白剤と言われているハイドロキノンですが、
メラニン生成を抑制する成分であり、シミに最も効果的だと
言われている成分です。

 

また、皮膚科で処方されることが多く、
濃度が5%未満の場合は副作用も起きにくいので、

 

化粧品としては2%の配合で使用されているものが多いようです。

 

ハイドロキノンの効果を上げようと思ったら、
濃度を上げると効果的です。
ですが当然肌の漂白剤と言われているくらいですから
肌にリスクを伴います。

 

強力なものは敏感肌の方だと
すぐに荒れて逆に肌トラブルが増えます。
赤みや炎症など、副作用に注意しながら使用しなければいけません。

 

 

 

○馬油で徐々に安全に消す○

 

馬油には血行を促進する作用や、
抗酸化作用があります。

 

皮膚科ではやけどややけど跡につかわれていて、
シミを消すのにも効果的だそうです。

 

擦り傷や肌荒れなどにも馬油を使う方が多いですよね。
新陳代謝が良くなって、肌細胞の生まれ変わるサイクルを正常にしてくれます。
また、古い角質がはがれて新しい皮膚の生成が促されるそうなので、
シミに効果があると言われています。

 

 

根気よく馬油を使い続けると、
シミは徐々に消えていくそうです。
気になる部分に塗り、マッサージなどをするとシミが消えるのも早く感じるそうなので、
肌に極力優しいシミ消し方法だと思います。

 

ニキビにも効果的ですし、
アトピーの方でも使えますから安心できますよね。

 

ですが、馬油は赤ちゃんやお子様にはおすすめできません。
赤ちゃんの肌には特に刺激が強いものとなるので、
口には絶対に入らないところに保管しましょう。

 

 

 

○はちみつを使う○
はちみつにはピーリング効果があるそうです。
乾燥や肌荒れを防ぎ、肌に必要な栄養分を与えることができると言われています。

 

 

はちみつパックなんか人気ですよね。
シミや肌荒れに効果的だと人気です。

 

保湿効果もありますし、
スキンケアにはちみつが良いことは有名です。
肌に最も優しいスキンケア方法だと言えるかもしれません。

 

 

はちみつも赤ちゃんには厳禁です。
3歳未満の子にはちみつは毒なので、
肌に良いからと塗ったりするのはやめておきましょう。